fc2ブログ
THE VAMPYRE
吸血鬼ラスヴァン-
ジョン・ウィリアム・ポリドリ著「吸血鬼」を読みました。

知っているようで知らないもの、昔読んだけれど再確認したいものなどを時々読んでいます。
どんな本があるかというと「フランケンシュタイン」「カーミラ」「吸血鬼ドラキュラ」「ねじの回転」「ドクトル・マブゼ」「ロボット」などなど。
どうもゴシックやヴィクトリア朝に偏っていますね。
フランク・ヴェーデキント君の「地霊・パンドラの箱」や夢野久作君の「ドグラマグラ」も読み直さなくては。

さて、ポリドリ君はバイロン卿(代表的ロマン派詩人)の主治医(兼夜のお相手?)でして、彼も「ディオダティ荘の怪奇談義」(詳しくはココを参照)に参加しており、それをきっかけに書いた小説がこれです。
その時バイロン卿の書いた「小説の断片」を、ポリドリ君が小説として膨らませたという事なのだそうです。
でも両方を読んでみれば、「吸血鬼」はバイロン卿の話の続きというよりも、ほぼポリドリ君のオリジナルだと分かります。
発表は1819年(日本はまだまだ江戸時代)で、当初は著者はバイロン卿という事にされていました。
John William Polidori
この小説は吸血鬼モノの元祖のように言われています。
但し、吸血鬼自体に関しては東欧をはじめ世界中に伝承があり、ポリドリ君の発明という訳ではありません。
小説は短編ですが内容は盛り沢山で、なんだか粗筋を読んでいるような感じでした。
資料的価値はあるのでしょうが、特に感銘を受ける内容ではないと思いました。

ディオダティ荘の怪奇談義がきっかけで生まれた小説は「吸血鬼」と「フランケンシュタイン」(こちらはメアリー・シェリー著)の2冊ですが、どちらも著者があまりに若い。
早熟で文才があったのか、バイロン卿やパーシー・ビッシュ・シェリー君(代表的ロマン派詩人/メアリー君の恋人で後に夫)に手伝ってもらったのか・・・?
詳しく調べていないので分かりませんが、とても20代前半の人達の書き物ではないように思いました。

ところで今回の小説は「吸血鬼ラスヴァン」という英米古典吸血鬼小説傑作集の中に見つけました。
「吸血鬼」のタイトルが「吸血鬼ラスヴァン」と改題されていました。
こういうのってとても分かりにくいですね。

何度かブログにも書いていますが、歴史的吸血鬼小説の日本語タイトルがどれも定まっていません。
説明的な分かりやすさよりも簡潔な原題にこだわって統一して欲しいものです。
「吸血鬼」「カーミラ」「ドラキュラ」という風にね。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2024/02/01 08:31] | | page top
百鬼夜行
百鬼夜行-
横浜のそごう美術館で「水木しげるの妖怪 百鬼夜行展」を見てきました。

去年の東京展は入場料があまりに高かったので、行くのを躊躇していたのです。
地方をあちこち回って戻ってきたら、どういう訳か値段が安くなっていました。
っていうか、こんなの反則では???

さて、水木さんの展覧会を見るのは14年振りです。
前回の「ゲゲゲ展」は米寿(88歳)と画業60年記念で、鬼太郎などの漫画の原画中心の展示だったと思います。
今回は、本人は亡くなっていますが生誕100周年記念だそうです。
うちの家族は何故か水木さんを尊敬している節があるので、前回も今回も総出で見に行きました。
IMG_2744--.jpg
今回の展示はコマ割りされた漫画よりも一枚のイラストになったものが中心でした。
原画が照明で焼けるのを防ぐ為か、妖怪のムードを出しているのか、会場が暗くて細かいところが見にくいでした。
けれどもそんな事よりも気になったのは、江戸時代など過去の妖怪本にある挿絵の丸写しの妖怪画が多い事。
(参考にした元ネタの絵も並べて展示しているので、潔いというか丸分かりなのです。)
あかなめ-
僕としては、(深大寺の鬼太郎茶屋のように)次の写真のような妖怪の人形をジオラマにしたものも沢山あると良いと思っていました。
が、会場には幾つかの妖怪の大きな人形がポツンと置いてあるだけ。
そういう面では視覚的、体感的なワクワク感や新味の無い展覧会でした。
IMG_2746--.jpg
ところで僕は元来、不気味で得体のしれない「墓場鬼太郎」(「ゲゲゲの鬼太郎」のプロトタイプ)が好きなのです。
「ゲゲゲの鬼太郎」の人間の為に生真面目に戦うお利口ちゃんな鬼太郎と仲間の妖怪なんて全く興味ありませんでした。
もしそれが水木さんのアイデアだったとすれば、(妖怪では無く)悪魔に魂を売ってしまったのでしょうね。
・・・などとガキンチョの頃に思ったものです。
墓場鬼太郎-
今回の展覧会は昔からの伝承にある妖怪が中心で、水木さんの考えたキャラクターはあまり出ていませんでした。
本人も「妖怪を創作するのは好きではない」とインタビューで答えているではないですか。
(実は鬼太郎にも「ハカバキタロウ」の奇太郎という紙芝居屋の考えた元ネタがあるそうです。)
テレビ・アニメや妖怪大戦争的な(ゲゲゲの)鬼太郎がいないので、そういう面ではポイントが高く、興味深い展覧会ではありました。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2024/01/30 15:50] | アート 4 | page top
馬車道の展望台
IMG_2392-.jpg
以前にもチラッとお知らせした事がありますが、みなとみらい線馬車道駅近くにあるKITANAKA BRICK & WHITEに隣接するザ・タワー横浜北仲というビルの46階に無料展望台があります。

エレベーターも分かりにくいしサインもはっきり出ていないので、余り知られていないようです。
居住者専用のように思われるかもしれませんが、そうではないのでズンズン入っていきましょう。

エレベーターの階数ボタンは3つしかないのですぐに分かります。
床以外の仕上の立派さは見せかけですが、天井の高いエレベーターですよ。

エレベーターを出るとこのような展望スペースに出ます。
写真のソファーは居住者専用などと「暗く」書かれていますが、他にも座る所はあるので気にする必要はありません。
こじゃれた喫茶店もありますが割高ですので、後で下階で飲みましょう。
IMG_2426-.jpg
景色は最高なので、無料を満喫いたしましょう。
近くには横浜スタジアム、中景には横浜大さん橋、遠くには横浜ベイブリッジ、そして広がる海が見渡せます。
IMG_2423-.jpg
前回は夜にいったのですが、夜景もなかなか良いでした。
そのうち大地震や富士山噴火もありそうなので、高層ビルが壊れる前に是非。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2024/01/28 13:36] | 出来事 | page top
SONGS OF OUR MOTHERS
KEFAYA AND ELAHA SOROOR SONGS OF OUR MOTHERS
KEFAYA AND ELAHA SOROORの2019年のアルバム「SONGS OF OUR MOTHERS」を紹介します。

ロンドンを拠点とする多国籍音楽軍団とアフガニスタンの女性歌手ELAHA SOROOR(次の写真)との出会いによって生まれた魅力的なアルバムです。
アフガニスタン民謡にとどまらず、ジャズ・ロック・ダブ・エレクトロニカ・インド音楽などなどグローバル・フュージョンというのでしょうか。
ELAHA SOROOR-
国の厳しい状況からメンバーにとってきな臭い現実もあるようですが、音楽自体素晴らしいものになっています。
最近はワールドワイド+モダンを混ぜこぜにした音楽で素晴らしいものが次々と出てきていますが、これもまさにそのひとつ。
歌だけではなく演奏をじっくりと聴いていると、多様な音楽がセンス良く現れます。

さてさて、表ジャケットを見て「素朴で伝統的な絵か」と思いました、他のイラストは案外せくしい。
まあまあ音楽と合っていて悪くはないですね。
KEFAYA AND ELAHA SOROOR SONGS OF OUR MOTHERS 2
今までにもこういった立ち位置の音楽を幾つか紹介してきましたが、ブームではなくしっかりと根差していって欲しいものです。
日本にも自然体で国境を融解させたワールド・ワイドな音楽がもっと生まれてくると良いのですが。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2024/01/26 15:39] | 音楽 2 | page top
HAND BOOK
HAND BOOK-
ギンザ・グラフィック・ギャラリーで大原大次郎という人の「Daijiro Ohara HAND BOOK」という展覧会を見ました。

ポスター(最初のイラスト)ではタイトルが何の事なのか分からなかったのですが、見終わっても意味不明でした。
とは言え、彼はグラフィック・デザイナーのようです。
IMG_2682-.jpg
この画廊の展示スペースは1階と地下1階に分かれていて、今までは階によって全く違う印象の展示をしている事が多いでした。
今回はどちらの階も同じような展示でした。
IMG_2680-.jpg
僕が興味を持ったのは、展示方法。
まるで露店か屋台のように、庇の付いたフレームの中に商品のように作品が展示されています。
庇部分に半透明のアクリルでも貼って屋根にしていれば意図がもっとはっきりして良かったのに、と思いました。
建築家じゃないんでそんな発想は難しいでしょうか。
IMG_2695-.jpg
展示品は細々と色々と飾ってあり、詳しく見れば面白いものなのかもしれません。
なのですが、あまり興味が湧かなかったので、その辺は適当に・・・。
IMG_2693-.jpg
一緒に見た人は、「グラフィック・デザイナーなんかにならなくて本当に良かった。」などと言っていました。
そ、そ、それがこの展示を見ての感想???
それがHAND BOOKの効能なのかな???
IMG_2689-.jpg
さて、3階では映像作品を上映していました。
J-POPに合わせて歌詞が踊っているような動画でした。
「聴くような文字」という事なのかもしれませんが、既視感があり新味は特にありませんでした。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2024/01/24 09:30] | アート 4 | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>