FC2ブログ
P邸 10
ガイア・アソシエイツで設計したP邸外構の設計の紹介の続きです。

次の斜め上空から見たような2枚のスケッチ(アクソメ)が設計の概要です。

中央のパーゴラを描いた部分の(スケッチ)上側にあるのは既存サンルームで、その上側が住宅です。
そのサンルームから、あたかもパーゴラが繋がって広がっているようなイメージになるよう計画しました。
いかにも出来合いのカーポートがポンと置いてある、という感じにはしたくなかったのです。
そして、傘を差さずに車から玄関まで行けるよう半透明の屋根を繋げました。
パーゴラは全体を覆っていますが、全てに屋根を入れるのではなく、必要に応じて抜けている部分をつくりました。
CCI_000063.jpg
次のスケッチは同じ部分の床面です。
右端の道路境界の門扉とゲートは撤去し、管理上のフェンスは駐車スペースと庭との境まで後退させました。
フェンスは見通しの良いものを選んでいます。
駐車スペースは、車が無い時には庭の延長のような印象になるように計画しました。
中央右の玄関ポーチは、どの方向からも上がりやすく広くしました。
CCI_000064.jpg
続く。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2020/06/15 08:02] | P邸 | page top
| ホーム |