fc2ブログ
PAPRIKA
PAPRIKA
「去年のクリスマスにテレビでやってたみたいね。
クリスマスキャロルをやれば良いって訳じゃないでれど、これはどうかしら。」

「そう、筒井康隆原作のアニメ映画『パプリカ』だね。
クリスマスには全く合わない。
監督今敏の死去の追悼番組の再放送だったみたいだよ。」

「気になったんでDVDを借りて観たけれど。
一度目は途中で寝ちゃったんで、もう一度観たわ。」

「珍しくもう一度観たってことは、引っかかりがある映画だったんだね。
内容を一言でいうと、他人の夢の中に入っていって精神的な治療ができる夢のような装置の開発に関わる内紛の話。
他人の夢に入っていって精神的な問題を突き止める夢探偵が主人公のパプリカさんだ。」

「まあ、一言ならそういう事だけれど、映像的には夢(悪夢だけれど)のシーンがとてもサイケで印象的だったわ。
引っかかりはその部分かな。
準主役の刑事は、いかにもいそうなイヤーな顔だったけれど。」

「アニメは、原作の登場人物などを整理して、お子様に向かない部分を極力無くして、ラストを視覚的に盛り上げたって感じ。
でも、これは中々良くできた傑作かもしれない。」

「原作に変更を加えながら上手く纏めた映画ね。
ラストは荒唐無稽で私は盛り上がらなかったけれど。」

「不思議なのは、映画の中の夢の幾つかは何となく見覚えがあるような気がするんだ。」

「そ、そ、それはまずいんじゃない。」

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2011/01/19 09:04] | 映画 | page top
| ホーム |