fc2ブログ
OVI★FRAME
FRAME-.jpg
私たちが考えた変なもの「OVI」の紹介です。
(過去のOVIの記事はココをクリック)
ガイア・アソシエイツのホームページにも掲載されているのでご覧ください。

今回は「FRAME」です。
昔、イタリアに住んでいた時のアメリカ人の友達が、帰国の際に自分で描いた小さな絵をくれました。
額もなかったので、飾らずそのままずう~っと置きっぱなしでした。

時は流れてある時、「(画家の)ギュスターヴ・モロー君はエスキスに額まで描いていた」事を本で知りました。
僕も触発されて、友人の絵の為の額をデザインしようとスケッチしたのがこれです。
(よく見ると寸法等も入っていてちゃんと図面になっています。)

実際、絵描きって額の事まで考えて絵を描いているのでしょうか。
絵に全く合っていない額が付いている事も多いです。
(絵描きは絵は上手でもセンスがいい訳ではないのでね。)
額って絵に与える影響が大きいので、そう考えると19世紀のギュスターヴ・モロー君って偉い。

さて、僕の考えたのは、絵の延長線というか、絵と一体感のある額です。
絵が額まで続いている感じを出しています。
額の積極的なデザインにより、沈んで動きの無い絵に活気をもたらす役割も。
(自画自賛ですが、絵は友達が描いたものなので・・・自額自賛?)

このように張り切って図面まで描いたのですが、実際に額は作らず・・・また時が流れました。
そして絵はフツーの市販の額に入れて飾ったのでした。
その上、絵に書いてあるサインをよく見ると、僕が考えていたのと縦横が違っていました???

店に白い額しかなかったのでそれを買ったのですが、それだけじゃあんまりなので、模様は自分で入れました。
時計は特に関係ありません。
IMG_1953-.jpg
KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2024/02/25 10:30] | OVI | page top
| ホーム |