fc2ブログ
THE LEPRECHAUN
CHICK COREA THE LEPRECHAUN
御存知アメリカのジャズ・ピアニストCHICK COREAの1976年のアルバム「THE LEPRECHAUN」を紹介します。

日本タイトルは「妖精」。
ジャケットは、妖精らしきもの(蝶人間?)もいる気持ち悪い図柄です。
本人は色が付いてないんで死人みたいです。
何とも甘ったるいけれど奇妙な感じの絵で、マジで描いているんだったらちょっと・・・。
でもこの頃、巷には似たようなテーマのレコードがあれこれあったように思います。
一部でファンタジーが流行ってたんですかね。

チック・コリア君と言えば1972年の「RETURN TO FOREVER」でしょう、というのが常識なのでしょうが・・・
CHICK COREA RETURN TO FOREVER
それはそれとして、「THE LEPRECHAUN」も違った意味で素晴らしいアルバムです。
映像が目の前に浮かんできそうな音楽、と言えば分かりやすいでしょうか。
「RETURN TO FOREVER」よりも起承転結の纏まりがあるのですが、凝縮されすぎて40分に満たない短さが残念。

そしてなぜか一般的に人気が無いようです。
「幼稚な具象画」のように誤解されて評価が芳しくないのかもしれません。
いずれにせよ原理主義的ジャズファンには受けなさそうです。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2023/09/28 08:04] | 音楽 1 | page top
| ホーム |