fc2ブログ
夜の画家
夜の画家 ジョルジュ・ド・ラ・トゥール-
ブルーノ・フェルテ著「夜の画家 ジョルジュ・ド・ラ・トゥール」を紹介します。
と言ってもこれは画集なので、誰が文章を書いたということよりも画家の方の話を・・・。

ジョルジュ・ド・ラ・トゥール、通称ラ・トゥール君(1593-1652)はロレーヌ公国(現在のフランス・ルクセンブルグ・ドイツの一部)で活躍した画家です。
パン屋の息子として生まれましたが、地元で絵の修行をした後貴族の娘と結婚しました。
その後質の高い作品を制作して、ルイ13世の「国王付画家」の称号を得るなど名声を高めました。
けれども、残念ながら彼の事は死後急速に忘れられてしまいました。

それが20世紀になって突如再発見、再評価され、「17世紀の優れたフランス画家のひとり」と目されるようになったのです。
長い間忘れられていて再発見された例は、ヴィヴァルディ君やボッティチェッリ君など間々あります。
こういう話ってなぜか惹かれてしまいます。

さて、ラ・トゥール君の場合ビックリなのは、彼の描いた絵が増えている事です。
一体どういう事なんでしょうか。
現代では絵に画家のサインを入れるのは普通ですが、ラ・トゥール君の時代はそうでもなく、彼のサインの入った絵は数枚だけだそうです。
画家は職人だったわけですから、そういう事もあったでしょう。
実は20世紀に再評価されてから、他の画家の絵だと思われていたもの、田舎の教会にあったものなどがどんどんラ・トゥール君の作品だと認定されているのです。
とっくに死んでいるのに・・・まだこれからも増えるかもしれませんね。

それではラ・トゥール君の絵ってどんなものなのでしょうか。
カラヴァッジョから影響を受けているとも言われていますが、陰影のある画法が印象的です。
当初は昼の風俗画も描いていましたが、だんだん夜景画(この本の表紙のような絵)、それも宗教画が増えたようです。
この本の良いところは大判で図版自体が大きい事、その上絵の全体だけではなくディテールも大きな図版で掲載されている事です。
これは細かい表現を見るのにとても良いのです。

僕の好みはどちらかと言えば風俗画の方でして、特に次の2枚。
皆さんもどこかで見覚えがあるかもしれません。
おとなしい絵のようで、よく見ると強烈ですからね。

まずは「女占い師」 (どうでもいいけど右から2番目の女の顔が異様に大きいような。)
描かれている皆さん、何気なく立っている風ですが・・・。
占いとか言われて色々すられているのは左から2番目の気取ったぼくちゃんで、後はグル。
女占い師-
次は「いかさま師」 (どちらの絵も構図が似てますね。)
描かれている皆さんの目つきにご注目。
トランプでカモにされているのは一番右のトロそうなぼくちゃんで、後はグル。
いかさま師--
さて、ラ・トゥール君自身の事は詳しくは分っていないようなのですが、それでももっと知りたい方はジャン=ピエール・キュザン、ディミトリ・サルモン共著の「ジョルジュ・ド・ラ・トゥール 再発見された神秘の画」をどうぞ。
(このシリーズは、本自体が小さいせいか細々と読み応えあり!)
ジョルジュ・ド・ラ・トゥール―再発見された神秘の画
KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2023/08/31 14:29] | | page top
| ホーム |