fc2ブログ
YESTERDAY
イエスタデイ-
ダニー・ボイル監督の2019年の映画「イエスタデイ」を遅ればせながら見ました。

ダニー・ボイル君は「スラムドッグ$ミリオネア」の監督ですね。
「ビートルズもの」って一瞬興味を持つのですが、やっぱり見るのはやめておこうかな、と思ってしまいます。
ビートルズの音楽自体は勿論良いのですが、ビートルズ現役時代の映画はどれも???だし、ビートルズの楽曲を並べた映画「アクロス・ザ・ユニバース」も何となく消化不良を起こしました。

ビートルズの音楽自体も長年聴いていたので耳タコ状態、曲がいいかどうかも分からなくなりました。
最近は彼らの音楽を積極的に聴いたことはありません。
という事だったのですが、この映画の「もし自分以外誰もビートルズを知らない世界になったら」というもしも話には興味が湧きました。
こういう事って音楽ファンだったら一度ならず考えてみるものですよね。
(勿論ビートルズじゃなくて北島三郎でもいいんですけど。)
YESTERDAY-.jpg
さて映画ですが、どうせビートルズを知らない世界でビートルズの曲が大ヒットするお話だろう事は誰でも想像できます。
初めて聴いた人達の驚きの顔を見るのと、その話にどのような肉付けをしてどのような結末にするのか、それが興味の焦点でしょう。

色々な意見があるようですが、僕はこの映画に結構好感が持てました。
(「イエスタデイ」はビートルズの曲の中で嫌いな方なんですけどね。}

良かった事を挙げると・・・
・ビートルズの曲をヒットさせる主人公が非白人青年(それも新人)、相手役が白人女性なので人種的(音楽の嗜好性)に広がりができた事。
・主人公の役者ヒメーシュ・パテル君が実際に心を込めて演奏して歌っている事。
・最初は(現代のヒット曲よりメロディーが取っ付きやすい)ビートルズの曲でもなかなかヒットしない事。
・主人公が、誰もビートルズを知らない事をいぶかしがってグーグルで色々検索するけれど、その検索結果が可笑しい事。
・エド・シーラン君が主人公の引き立て役(自分をサリエリだなんて言ってました)で出ている事。
YESTERDAY2-.jpg
この映画はイギリス映画なので、皮肉まじりのジョーク満載です。(それも気に入った要因)
その中で一番笑えたのは、グーグル検索でイギリスのロック・バンド「オアシス」が出てこない事。
ビートルズがいなければオアシスも存在しない、なんて書くと面白くも何ともないですが、これを見たノエル・ギャラガー君の顔を見たかったですね。

さて、ポール君やリンゴ君などビートルズ関係者にも好評だったようです。
ポール君の曲が多いのは何かの圧力、生きているもの勝ち?
でも、リンゴ君は別として、ポール君はこれを見て「長生きしていて良かった」と思ったんじゃないかと思います。
映画を見た人も「また、ビートルズでも聴こうかな。」なんて気になりますしね。
そして映画自体にもファンなら分かるネタが沢山仕込まれています。

さてさて、予想できなかった事なので映画関係者にはお気の毒なのですが、ポール君の「バック・イン・ザ・U.S.S.R」をモスクワで演奏してロシア人に受ける、というシーンがあります。
歌詞も含めて・・・今となっては・・・・ねえ、プーチン君。.

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2023/08/23 08:02] | 映画 | page top
| ホーム |