fc2ブログ
LOVE BOMB
TUBES LOVE BOMB
アメリカ西海岸サンフランシスコのバンドTHE TUBESの1985年のアルバム「LOVE BOMB」を紹介します。

70年代前半から活動を始めたバンドなので、このアルバムを出す頃には結構なベテランでした。
アメリカ西海岸と敢えて紹介しましたが、いわゆるウエストコースト的な雰囲気はありません。
元々はグラムロックだのハードロックだのと言われていたバンドです。
TUBES 3-
とはいうものの・・・ステージでダンサーにヌードで躍らせたり(?)鞭打ちながら演奏したり(?)していたキワモノで、まともなロックファンからはそっぽを向かれていたと思います。
これじゃまるで「ロッキー・ホラー・ショー」ですよね。
TUBES 2-
それが80年前後からは全く別物のような音楽になっていました。
メンバーの恰好もこの通り。
偽物っぽいマジメさ全開。
TUBES 4-
ダンサブルでニューウェイヴな音楽性、親しみのあるポップなメロディー、プロダクションのゆき届いた凝った音作りなどなど、初期の変態バンドを知っている人は「これはいったい何だ?」と騙された気になったと思います。

でも、アルバム全体を通してのパワーポップは最高だし、特に今回紹介したアルバムでの後半のノンストップな流れは絶品です。
プロデュースはトッド・ラングレン君ですしね。

センス最悪のジャケット以外は・・・上出来です。
今でも時々聴いてます。

このアルバムはバンドの実質的な最終作にして最高傑作だと思いますが、一般的な評価は低いようです。
トッド・ラングレンにバラバラにされたアルバム」なんてご意見もあるようですが、どうでしょう?
タイトルも「LOVE BOMB」だし、よろしいんじゃないかと。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2023/07/20 11:01] | 音楽 1 | page top
| ホーム |