fc2ブログ
美しい色の町なみ
美しい色の町なみ-
淡野明彦著「美しい色の町なみ」というきれいな本を紹介します。

表紙からあまりにも鮮やかなのでCGかと思いきや、よく見るとホンモノです。
コロンビアのグアタペだって。
知らなかった!!
なんでも、山と湖に囲まれたのどかな街が、訪れた人々を楽しませようとカラフルに模様替えしたそうです。
その心意気、買います!!
いつか行って見たいなぁ。
きっと大自然とカラフルタウンがいいコントラストを見せてくれることでしょう。

カルタヘナ
グアタペと比べると若干地味ですが、ここもコロンビアにあります。
コロンビアきっての観光地だそうですが、ちっとも知らなかった!
スペイン植民地時代の歴史的建造物が、世界遺産に登録されています。
黄色の建物にオレンジ色のスペイン瓦、白いバルコニーに植えられた赤いベゴニア、なじみのある風景です。
カルタヘナ
ブラーノ
こちらはイタリアはベネチアから水上バスで行くそうです。
知らなかったなぁ、ベネチアへは2回行っているのに!!
漁が昔から盛んで、海に出た船が霧の中でも家に戻れるように、家々をカラフルにしたのだそうです。
なるほどねぇ、そういえばベネチアは霧の深いところでした。(特に冬)
うっとおしい霧が晴れる春が待ち遠しくて、2月にカーニヴァルを行なうのだとか。
ブラーノ
ジョードプル
こちらはインドです。
気温は常に30℃を超え、暑い時には50℃を超えるという灼熱のタール砂漠入口に位置します。
外からの熱の伝導をやわらげるためにブルーに塗ったとか、シロアリ駆除薬を塗ったらブルーに変色したとか、バラモンが階級の違いを示すために、自分たちの住まいをブルーに塗ったのが始まりだとか諸説ありますが、気持ちよさげな青い街並みです。
ジョードプル
サナア
イエメンの世界最古の摩天楼都市です。
バラ色の外壁に白いレースを飾ったような美しい街並みです。
ご存じのようにずっと内戦が続くイエメンは、この世界文化遺産も現在は「危機遺産」となっています。
こんなに美しい街に行って見たいのはやまやまなのに、戦争が終わらなければ何も始まりません。
サナア
こういう写真集を見ていると、「旅に出たい!!!」と思いますね。
コロナの後ならなおさらです。
ちなみにこの著者は奈良教育大学の名誉教授だそうですが、専攻は地理学の観光空間組織論だって。
なるほど・・・。

SS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2023/02/17 09:17] | | page top
| ホーム |