fc2ブログ
TECHNOLOGY?
恵比寿映像祭2023 テクノロジー?-
恵比寿の東京都写真美術館で「恵比寿映像祭2023」を見ました。

この展覧会に行くのは毎年の恒例になっています。
基本的に無料ですが、内容は充実しています。
今年は、(スチール写真以外の)アーティスト一人ひとりに小部屋を与えてじっくり見せるシリーズの中に面白いものがいくつかありました。

こちらはKISSかと思いきや、そのコピーバンドです。
そのライブを映像にして見せています。
完全コピーをめざすのではなく、不完全で型にはまらない部分にこそ光を当て、祝福したいのだそうです。
IMG_0307-.jpg
KISSなりきりバンドマンのこの人たち、充実している表情です。
多分、これを撮影している作者本人も、同じでしょう。
IMG_0308-.jpg
次はルー・ヤンの「DOKUシリーズ」。
今回最も印象に残った強烈な映像です。
DOKUというのは漢字で書くと「独」で、独生独死の独を表すそうです。
人間は一人で生まれ一人で死ぬ、そういう宿命を背負っていることを表しているのか?
最新のモデリング技術を用いて、作家本人のデジタル転生したのがDOKUなのだそうです。
テクノ(?)音楽に合わせてくねくねとアジアンダンスを踊って見せるDOKUですが、単に踊るだけではありません。
宗教・死生観・脳科学・神経科学を絡み合わせて創造された、天国・宇宙・地獄・餓鬼・畜生・阿修羅の世界を自在に転生しながら駆け抜けていきます。
いやはやその映像がすごいのなんのって。
思わず最初から最後まで見てしまいました。
(こんな事、この映像祭では極めて珍しいことです。)
まるで神経がマヒしたように、動けなくなってじっと見入ってしまう魔力がありました。
結構長い作品でしたが、これって作るの大変だろうなぁと思ってしまう大迫力の背景でした。
IMG_0312-.jpg
次の写真はそのDOKUが「畜生」の世界に降り立ったときのものです。
まず食肉冷凍庫の中を突き進んでいくと、宇宙船の入口(?)が現れ、その中に入ると動物たちがルームランナーでジョギングをしています。
白と黒のバーコードの世界でジョギングする動物たちと踊り狂うDOKU。
なんともヘンテコですが、不思議な世界で目が離せません。
IMG_0314-.jpg
次は別の人の作品で、なんだかよくわからないのですが、ちょっと見にはプラナリアのようです。
少しずつ動いて、頭がぽろっと取れたりします。
IMG_0322-.jpg
動きがゆっくりで、じっと見ているのがタルいので次の部屋へ行き、また戻ってくると、今度はこんなふうに変化していました。
タコののように足(?)がうねうねします。
生物でないものに命を与えて、動かしてみる試みでしょうか?
IMG_0325-.jpg
SS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2023/02/13 11:47] | アート 3 | page top
| ホーム |