fc2ブログ
THE LOST THING
THE LOST THING
ショーン・タン原作の短編映画「ロスト・シング」を見た事はありますか。
彼は中国系マレーシア人の血を引くオーストラリア人の絵本作家兼イラストレーターです。
絵本はどちらかというと大人向けです。
数年前に日本で彼の展覧会もありましたね。
THE LOST THING 2-
「ロスト・シング」は絵本も良かったですが、映画の方も原作の良さを踏襲しつつ素晴らしい作品になっています。
ショーン・タン君の・・・取っ付きやすいようで冷たい、親しみやすいようでグロテスク、甘いようで厳しい、普通のようで変な作風はそのまま。
というか、キャラクター達が絵本では分からなかった奇妙な動きをするので、パワーアップしていると言えるかもしれません。
作者自身も共同監督をしているので、イメージのズレがないのでしょう。
THE LOST THING 3-
フィルムの長さはたった15分。
見ると分かりますが、良い意味で長くも短くもない内容とマッチした時間になっています。
気に入れば何度でも見れば良いのですからね。

このように傑作なのですが、一般的にこういう短編映画ってどういう機会に上映するんでしょうか。
僕は「世界の短編映画」というような特別な上映会でしか見た事がありません。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2022/11/21 08:17] | 映画 | page top
| ホーム |