fc2ブログ
建築解体新所
IMG_0187.jpg
暫く前になりますが、近所で住宅の解体をしていました。
構造的には珍しいコンクリートブロック造だとず~っと思っていた住宅です。
建築は左右対称の2階建てで、両側に同じように玄関があるので、2世帯住宅か住宅+事務所だったのでしょう。
北側の道路側から見ると北・東・西面に窓がほとんど無く閉鎖的で、南側がどんなか見てみたいものだとも思っていました。
そして全貌が解体の時に分かった次第です。
IMG_0191.jpg
まず、コンクリートブロック造かと思っていたのは全くの間違いでした。
鉄筋コンクリート造で、外壁仕上にあたかもコンクリートブロックのような薄いセメント板のようなものを貼り付けていたのです。
敢えて安っぽいコンクリートブロックに見せるって・・・?
また、窓が無いと思っていましたが、南側は外壁の延長に囲まれた中庭のようになっていて、数は少なくハメ殺しですが窓がある事が分かりました。
IMG_0188.jpg
この住宅はまだまだ建築の寿命は来ていないように思いましたし、この界隈では十指に入るデザイン(?)だと思っていたのですが・・・外観の印象通り住みにくかったのでしょうか。
解体現場をざっと見ただけですが、普通に暮らすには採光と自然換気と断熱が足りなそうだと思いました。
それともスタジオみたいな特殊な用途に使っていたのでしょうか。
IMG_0190.jpg
とまあ、新たな発見もあったのですが・・・
今回一番惹かれたのは、壊しかけの建築の廃墟感です。
僕は、建築の醍醐味は竣工後よりも建設途中と解体途中にあると感じています。
この建物も小さいながら解体現場を見ると、写真のような迫力がありました。
(但し解体される建物にもよるので、汚いだけの解体現場もありますね。)

そういう事を言っておきながら何なのですが、日本では中古の建築自体にあまり商品価値が置かれていないので、すぐ壊しちゃいますよね。
建物の改修も増えてきましたがまだまだです。
建築の改修には知恵と労力が必要なので、業者は面倒なんでしょう。
地球がまずい事になっているのに、相変わらずこんな事を続けていて、資源の無い日本は大丈夫なのかな。

そのようにエコの観点は最重要ですが、今回のような作品性の高い建築は次元の違う意味でも壊して欲しくなかった、と思うのです。
そして、それなら建築家も独善的ではなくて、住みやすくて自由度(後のプラン変更等)の高い家を作らんかい、なんですけどね。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2022/05/25 10:36] | 建築 2 | page top
| ホーム |