fc2ブログ
ゴジラ・ラドン・ヘドラ
井上泰幸展
清澄白河にある東京都現代美術館で「生誕100年 特撮美術監督 井上泰幸展」を見ました。

円谷英二君の怪獣映画なんかで特撮を担当していたおひとの展覧会でした。
入口の角にヘドラの絵が描いてありましたが。
昔「ヘドラ」と聞いた時、「怪獣映画も終わったな」と思ったものです。
(日本自体も酷い公害で終わりっぽかったでしたけどね。)

会場には精工なヘドラの眼(?)も展示されてましたが・・・
大人は仕事として一生懸命やっていたんですね。
複雑な気持ちになります。
IMG_0251.jpg
ガキンチョの頃は怪獣映画や戦争映画をそれなりに楽しみにして見にいきましたが、当時の子供達は特撮の拙さを十分に分かっており、かなり冷めた目(というかからかい半分)で見ていたように思います。
この方は寝る間を惜しんで特撮に勤しんでおられたようですが、できたモノを見る目は結構厳しかったのを知っていたのでしょうか。
IMG_0247_20220428171439557.jpg
会場最後にこのような気合の入ったジオラマがありました。
特撮はこんなんだよんっていうデモンストレーションでしょうか。
それなら折角なんで、上に吊り下げられているラドン(ペラペラの写真でしたが)に街を壊してもらいたかったですね。
因みに手前に写っているのは井上君(こっちもペラペラの写真)です。
ここで何してるんだ?
IMG_0250.jpg
KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2022/04/29 17:47] | 映画 | page top
| ホーム |