fc2ブログ
六角橋 1
東横線下りの横浜までの最後3駅(妙蓮寺・白楽・東白楽)は昔から何となく蔑ろにされがちです。
これらの3駅連続で急行も止まりませんしね。
僕も子供の頃から降りた事がありませんでした。
ところが21世紀になると白楽・東白楽での設計の仕事が続き、突然この辺りに詳しくなってしまったのです。

さて、最初の白楽での設計の仕事の時は1年間程、「六角橋商店街大通り」というどこにでもあるような駅前商店街を通って現場まで歩いて行ってました。
普段は写真よりももっとゴミゴミしています。
IMG_3972.jpg
それから何年かして別の仕事で白楽に行くようになった時、その「六角橋商店街大通り」のすぐ隣りに平行している「六角橋ふれあい通り(仲見世通り)」というアーケードがある事に初めて気がついたのです。
でも次の写真のような入口なんで、分かりにくいし、気がついても入る気しませんよね。
IMG_4018.jpg
アーケードと言っても、日本あちこちにある「こんなもの無い方がいいのに」と思われるようなものとはひと味違っていました。
ハッキリ言ってこれはビンテージです。
と言うかゲリラ・アーケード、もしくはアングラ・アーケード。
それも300mあるじゃないですか。
IMG_4016.jpg
東横線沿線にはガード下に元闇市的な商店街があったので、そういう意味では珍しくないのですが、こちらはガード下ではありません。
商店街で作った年季の入ったアーケードなので、屋根もボロいし通路幅も狭い。
「ふれあい通り」という名前は皮肉かと思いましたよ。
IMG_4011.jpg
という事で、そこ自体面白いのですが・・・自分が何も気が付かずにその横の道を長い間通っていた事実に唖然としました。
昔、西安に行っておきながら、そこから敦煌への飛行機の手配がうまくいかない事で頭がいっぱいで、兵馬俑も見ずに帰ってきた事を思い出します。
って話がジェンジェン違うか。

続く。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2021/11/09 16:13] | 建築 1 | page top
| ホーム |