fc2ブログ
THIS FACE
IMG_4514.jpg
馬車道のギャラリーBankART KAIKOで中国人芸術家徐勇の展覧会「THIS FACE」を見ました。

紫Uという一人の娼婦(中国では性工作者というらしい)の顔を500枚並べて展示しています。
素顔あり、化粧顔あり、風呂上り(?)あり、さまざまな表情のひとりの女性の顔が大きく、小さく、暗く、明るく並んでいます。
IMG_4512_202108021603543ee.jpg
これだけ並ぶと圧巻ですね!
素顔の彼女は素朴な田舎娘のようですが、化粧で妖艶に化けていきます。
不思議ですね。
すっぴんの彼女はけだるそうで、何かを問いかけるようにこちらを見つめているのですが、化粧をして化けおおせると、自信にあふれて「どう?私って魅力的でしょう?」という表情になっていきます。
そうなんです、彼女の問いたい質問はそこでしょう。
自分が魅力的かどうか?美しいとあなたは思うかどうか?
IMG_4515.jpg
小さく並んでいる写真はこんな感じ。
メイクや服装は違うのですが、顔の大きさなどはどの作品もほぼ同じ。
ただ、ところどころに露出オーバーの白い写真があって、意図的にリズムを崩して単調さを打ち破ろうとしているようです。
IMG_4509.jpg
こちらはデジタル構成のポートレート。
雑誌のページをめくる動作をすると、ページが(デジタルで)めくれて次のページが現れます。
どこまでいっても、この人の顔だけなんだけどね!
しかしながら、この大きさ、この明るさになると、何も知らなくてもこの人が「ザ・娼婦」に見えるのも不思議。
IMG_4507.jpg
ところで、この作家の作品はどこかで見たことがあるぞ。
どこだっけなぁ、写真美術館だったかしらん。
そちらは中国の北京特有の古い路地「胡同」を写したものだったかと思います。
リアルな北京のその日・その時が切り取られたように並んでいました。
対象をそのまま切り取って映し出す、それがこの人の作風でしょうか。

SS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2021/08/04 08:20] | アート 2 | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>