fc2ブログ
A BETTER TOMORROW
A BETTER TOMORROW II
今更ですが、ジョン・ウー監督の1987年(日本公開は1989年)の映画「男たちの挽歌Ⅱ」です。
テレビで「男たちの挽歌」「男たちの挽歌Ⅱ」を通して見て懐かしくなったので、ブログでも取り上げる事にしました。

これらの映画は、香港ノワール(1940年代~1950年代にハリウッドで作られた犯罪映画のジャンル「フィルム・ノワール」の香港版)と言われる潮流の作品です。
当時、「香港映画でカンフーじゃない面白いものもあるんだね。」「今頃遅れてんな。」なんて友達と話していた事を思い出します。
A BETTER TOMORROW II 2
このシリーズ、僕は「Ⅱ」の方が面白いと思っています。
(映画の続編が面白いのは珍しい事です。)
と言っても、「Ⅱ」を見るなら一作目から見なければ、ですけどね。
一作目で映画のヘンテコな雰囲気に慣れて、「Ⅱ」を堪能してください。
(実のところを言うと、一般的な評価は一作目がはるか上のようですが。)

どちらの映画も人物設定や話の筋はご都合主義だし、善玉は弾がいくら当たっても死なないし(例外も有)・・・
その上突っ込みどころは「Ⅱ」の方が激しいのですが・・・
それでも何故か「Ⅱ」の方に愛着があります。

とにかく妙なスピード感と奇妙な男気と滅茶苦茶なアクションがヘンテコなのです。
一応真面目な話で皆さん真面目に演じているんですが、時々変に愛嬌もあるのでそれもそれでオカシイです。
フィルム・ノワールなんて立派なものじゃなく、マカロニ・ウエスタンに近いかも。

香港はご存知の状況、映画界は今後どうなるのでしょうか?

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2021/03/06 11:01] | 映画 | page top
| ホーム |