fc2ブログ
MIDNIGHT IN PARIS
MIDNIGHT IN PARIS
ウディ・アレン監督の2011年の映画「ミッドナイト・イン・パリ」を見ました。
(上の写真とは全く違う印象の映画です。)

ウディ・アレン君の映画は皮肉っぽい一面があります。
皮肉っぽい事自体は構わないのですが、その皮肉っぽさの方向性が肌に合わないと思い、彼の作品はあまり見ていませんでした。

それでもこの映画は僕の好きな1920年代がテーマなんで見ちゃったんですが、何故か皮肉っぽいシーンも鼻につきませんでした。
一言で言うと「皮肉っぽいけど、ろまんてぃっくな映画」です。
それもよくある男女間のロマンティック・コメディーというよりも、1920年代のパリや芸術に対する夢見がちな憧れといった風情です。

主人公はオーウェン・ウィルソン、僕の好きなウェス・アンダーソン監督の映画によく出てくるのでお馴染みでしたが、奇妙なお調子者みたいな役が多くてイマイチ好きではありませんでした。
が、この映画ではなぜかピッタリはまり役です。

さて、映画の内容。
主人公(小説家志望の売れっ子映画脚本家)は婚約者とその両親(共和党右派支持の金持ち)とパリに旅行をしています。
その両親のお金でね。
ところが、主人公だけ自分の愛する1920年代のパリに毎晩夜中にタイム・スリップしてしまう、というお話です。
僕も好きな年代なので興味深かったのですが、主人公はヘミングウェイ君、フィッツジェラルド夫妻、ピカソ君、ダリ君、その他多数に出会う事になります。
自分の書きかけの小説をガートルード・スタイン君に批評してもらったりもします。(次の写真)
MIDNIGHT IN PARIS 2
皆の知っている有名芸術家が次々出てくるのがちょっと臭いですが、それ程は臭いませんでした。
なぜかというと、朝になると現代に戻ってきて俗物的な婚約者やその両親と興味のわかない旅行を続けるからです。
言ってみれば、リアルだけど漫画っぽい夢を見ている感じなので・・・許せるのです。
映画を見ている方も「次は誰が出るかな」って楽しみになるし、主人公の驚く顔も見たくなります。
(主人公や映画を見る人が知識人じゃないと成立しにくいある意味イヤミな映画ですけどね。)
その上、当時の著名人達があれこれ意見するので、現代でのがっかりな現実が余計に浮き彫りになります。
そして主人公はある決断をする事になります。

・・・で、何が面白いかと言うと・・・映画の筋からは外れますが・・・
リアルに表現されている1920年代の空気を感じられる、という事。
その時代が舞台の映画というのとは違い、その時代に飛び込んじゃったという事で、よりはっきり対比的に感じられるのです。
新しい芸術と自由と狂騒の時代という感じで羨ましい。

もうひとつ面白いのは、その時代の人は案外その時代の価値が分かっていない、という皮肉な事実。
1920年代の人はベル・エポックの時代が良いと言い、ベル・エポックの人はルネッサンスが良いと言い・・・。
(意味が分からないと思いますが、主人公は2段階のタイム・スリップをするのです。)
凄い時代に生きていても当事者は自覚がないものかもしれません。

案外後から見れば現代もそうかもしれませんね。
ただし、「凄い時代」じゃなくて「まずい時代」でしょうけれど。
そんな事を言っている僕も自覚が無いのかな?

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2020/12/07 09:44] | 映画 | page top
| ホーム |