fc2ブログ
ヒアシンスハウス 1
IMG_2478-1.jpg
建築・街づくり・芸術などを研究している仲間GAIA SETの面々でヒアシンスハウスを見学に行きました。
ボランティアの人がいる日に行けば、中にも入れて説明をしてもらえます。
詳しくはヒアシンスハウスのウェブサイトをご覧いただきたいのですが・・・
これは一体何かというと、戦前の詩人で建築家の立原道造という人が考えた週末住宅です。

立原君は1939年に24歳と若くして死んだので、建築は生前ひとつも実現していません。
(自分の設計を具現化するには若すぎるし、時代も悪かったのでしょう。)
実際に建っているヒアシンスハウスは、2004年になって立原君のスケッチに基づいて新築したものです。
スケッチ
上のスケッチを見ての通り、平屋で5坪(10畳)という極小住宅です。
だからこそ見てみよう、という感じもあるんですけどね。
この建物ができた頃に行った事があるのですが、そのうち平屋の建築を設計するかもしれないので、(あまり参考にはなりそうにないですが)もう一度見ておこうと思ったのです。

最近、超高齢社会と(今後の)人口減少によるものからか、平屋の住宅が再評価されています。
僕は生まれた時から平屋に住んでいたので、子供の頃は2階建ての家が羨ましかったのを覚えています。
世の中おもしろいものですね。
東京が江戸時代みたいに平べったくなるのはいいかもしれません。
(それらがハウスメーカーや建売りの家だったらゲッソリですけどね。)

さて、ヒアシンスハウスは埼京線の中浦和駅から徒歩5分程のところにある別所沼公園の中にポツンと建っています。
名前の通り沼のある大きな公園で、立原君もこの沼の畔に建てるのが希望だったようです。
次の写真に写っていますが分かりますか?
IMG_2480-1.jpg
何故ここかというと、本人は東京の土地っ子なんでこの場所と関係ないようですが、友人の作家達がこの辺りに住んでいて、週末に皆で集まる拠点が欲しかったようです。
一緒に見に行ったメンバーは、当時東京からこんな所まで来るのは大変だったんじゃないか、と喧々諤々でした。
だけど、若い頃に考える事っていつの時代も変わらないですね。
僕もそういう場所が欲しくて、友達と医院の空いた病室を借りていた事を思い出しました。

続く。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2020/03/08 08:17] | GAIA SET | page top
| ホーム |