fc2ブログ
舞洲工場 2
IMG_0398.jpg
舞洲工場見学の続きです。

ここはゴミ焼却場なのですが、一般ピープルの見学ができます。
というか、見学コースがあるのです。
たまたまですが、僕達は工場長に案内してもらいました。

上の写真が玄関アプローチで、次の写真が玄関ホールです。
インテリアでは、この玄関ホールと奥の便所までをフンデルトヴァッサーがデザインしています。
IMG_0399.jpg
見学コースは、ゴミの処分の過程を実際に見たり、映像で見たりすることができます。
通路にはフンデルトヴァッサーの絵画作品やこの建物の模型も展示してありました。
気がつかないのか、皆さん模型を素通りしていましたが、巨大な建物の全貌が分かるので必見です。
IMG_0402.jpg
建物中身は次の断面模型のようになっていて、表面の楽しさとは違い、機能のカタマリです。
ここまではっきり分かれていると面白いですよね。
IMG_0401.jpg
ゴミ処理の状況も見られます。
実際の作業も見られますし、小学生にも分かりやすいディスプレイもありました。
こちらも社会科見学みたいで、案外と興味深い内容でした。
IMG_0405.jpg
見学コースの終わり近くに屋上に出ますが、ここも緑化してありとても楽しい雰囲気でした。
スロープ状の屋上をクネクネS字カーブで下りていく散歩道です。
デパートなどの商業施設のルーフガーデンより遥かに魅力的でした。
見学途中なので、ゆっくりできなかったのが残念でしたが。
IMG_0407.jpg
建物廻りにはグリーン・ベルトがあって、ここも緑がいっぱいでした。
やはりフンデルトヴァッサーが計画しています。
こんな門もありました。
IMG_0395.jpg
さて、ア―ト好きにとってここは大阪の隠れた名所と言えるでしょう。
ユニバーサル・スタジオと抱き合わせで行ってみたらいかがでしょうか。
(ユニバーサルなんて省略しても良いかも。)
梅田からも(都民感覚では)それほど遠くはありませんよ。

内部の見学は勿論無料ですが、予約が必要なようです。
上記以外にも、会議室のような所で、施設の紹介の短編映像も見せてもらえます。

普通、ゴミ焼却場なんて近寄りたくない所だと思いますが、ここは敷地内を散策したくなるような雰囲気があります。
実際、自由に散歩して構いません。
(実は予約が必要だと知らなかった)内部見学もとても親切に対応していただけました。
稀に見るフレンドリーなゴミ焼却場と言えるでしょう。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2019/06/25 08:09] | 建築 1 | page top
| ホーム |