fc2ブログ
ENJOY JAKARTA
JAKARTA ARTS CULTURE
めぐろパーシモンホールで「ジャカルタ芸術&文化コラボレーションパフォーマンス」を観てきました。
なにかというと、インドネシアのジャカルタ首都特別州観光文化局主催の音楽と歌と踊りのショーです。
それ以上のことは何も分からずでかけました。
パンフレットの写真から伝統舞踊の紹介だろうと思い、興味を持ったのです。

めぐろパーシモンホールは家から至近距離にあるので、何度行ったかわからないぐらいなのですが、ホールに入ってみるといつもと空気感が全く違っていました。
大盛況なのですが、何だか日本ぽくないのです。
観客の人たちがどういう訳か異国情緒ムンムン・・・。
(私は、帰りに日本人から英語で便所の場所を聞かれました?????)

いつもと違う少しだらしない感じの舞台設営で大丈夫かなと思いましたが、司会や大使の挨拶のあと、1時間余りのショーが始まりました。
客席後ろから楽団とダンサーが歌いながら出てくるオープニングでした。
ショーは次の写真のような感じです。
IMG_0160.jpg
楽団の演奏に合わせて、舞踏団や歌手が入れ代わり立ち代わり出てきます。
ノンストップのメドレーのように切れ目無しに1時間続きます。
スピード感溢れるステージです。
ちょっと、タイのパタヤビーチでやってるオカマショーを思い出しました。
IMG_0141.jpg
私が特に興味をもったのは楽団です。
構成は20人ぐらいで、民族楽器に加え、アコーディオン、トロンボーン、トランペット、フィドル、エレキベースなんかもいました。
開演前から舞台に雑然と雑多な楽器が置いてあったので、どんな音楽をやるのか一抹の不安がありました。
しかし、奏でる音楽は民族音楽ベースなのですが、ロックでシンフォニックでサイケデリックで、モダンな迫力がありました。
ダンサーも民族衣装なのかもしれませんが、とてもショーアップされた感じで楽しめました。
歌手も男女出演しましたが、何とも言えず独特で良かったです。

日本を含めどこの国にも演奏に合わせて伝統舞踊を踊る、という舞台があると思います。
今まで色々見ましたが、観光客的に見て物珍しい以上のものはあまりありませんでした。
今回のショーを見て、上手く現代的な要素とスピードを加味するとこのように面白くなるのだな、と感心しました。
出演者も何だか楽しそうでした。

時計を見ることも無く、退屈することも無くショーが終わりました。
最後には出演者も観客も大使も舞台に上がって踊りまくっていました。
まさに大団円ですね。(写真はボケまくっていますが。)
IMG_0162_20141117082501d04.jpg
入場無料なのが悪いような一夜でした。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2014/11/19 06:56] | 音楽 1 | page top
| ホーム |