fc2ブログ
立体建造物展
立体建造物展
ご紹介中の江戸東京たてもの園にまた行って、「ジブリの立体建造物展」なるものを見てきました。
展覧会名も(わざとなんだろうけれど)ダサいし、あまり期待していなかったのですが、結構面白いでした。

タイトル通り、ジブリのアニメの背景の建物に焦点を合わせた展覧会です。
展示物は、背景画と(多分模型屋が作った)模型が少しといった感じでした。
キャラクターはほとんど出てこないので、子供には退屈だったかもしれません。

私達建築家にとっては、別の分野のプロが考えた建築、という視点が興味深いでした。
ただ、建築に関しては、全く新しいものを考えるというよりも、色々な既存のモチーフを集めてきてそこから再構成しているように思いました。

この展覧会の為なのか、模型も製作されていて、数は少ないですが、絵よりも存在感がありました。
立体になったものは分かりやすいですしね。
中でも「千と千尋の神隠し」の湯屋は気合が入っていました。
湯屋の建物が面白いのは背面(うしろ側)だということも分かりました。

次の写真は、「千と千尋の神隠し」の背景ですが、「め」が危ない感じで良いですよね。
大きな絵で再確認しました。
IMG_6381.jpg
ジブリのアニメを数多く見ている人には行く価値があると思いますが、いまいち興味の無い人も江戸東京たてもの園自体が良いので是非どうぞ。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2014/11/05 11:30] | アート 1 | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>