fc2ブログ
江戸東京たてもの園 5
江戸東京たてもの園の続きです。

今日は洋館です。
その名も「デ・ラランデ邸」!
新宿区にあった洋館だそうで、元は明治時代の学者、北尾次郎邸でした。
それが明治末期にドイツ人デ・ラランデ氏が買い取り、増築されました。
その後、居住者は何度か変わり、最後はカルピスの発明者、三島海雲氏の住宅・事務所だったそうです。
今は、江戸東京建物園のレストランとして、営業されています。
そういえば、メニューにカルピス由来のものがありましたね。
IMG_5874.jpg
アプローチのパーゴラが洋館の雰囲気をかもし出しています。
おしゃれな雰囲気です。
IMG_5874-2.jpg
元は食堂だったところが、レストランの客席になっています。
このほかにテラス席もあり、いい感じでした。
カレーを食べたけれど、なかなかおいしかった!
IMG_5878.jpg
これは、居間にあたる部分ですが、こんな風にアールヌーボー風のデザインがされており、時代を感じさせます。
ここでもお茶が飲めますよ。
IMG_5879.jpg
続く。

SS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2014/09/10 07:04] | 建築 1 | page top
| ホーム |