fc2ブログ
便所・便所・便所
便所
春先から北品川で、ガイア・アソシエイツで設計した住宅の工事監理をしています。
工事監理とは、建物が図面通り施工されているかチェックしたり、施工上の問題点・未決定事項などを建設会社の現場監督と打ち合わせたりすることです。
現場は品川駅が近いと思っていたのですが、大崎駅にも近いことがわかりました。
品川駅前はゴミゴミしているので、最近はもっぱら大崎駅から現場にいっています。
大崎駅前からゲートシティプラザを抜けていくと近いことに気がつき、昼食や喫茶にもよく利用するようになりました。
大きな室内の吹抜広場があって気持ちが良いのです。
レストランも、インド、タイ、韓国など私の好みの料理屋があります。
長く通っていると、いろんな発見がありますね。
このようなことでも無ければ、行くことも無いかもしれない場所に詳しくなったりすることも、設計の面白さです。

何でこんなことをだらだら書いているかというと、ゲートシティプラザの便所のことをお知らせしたかったのです。
男子便所の小便器の話なので、女性には直接関係ありません。
小便器というと、単に並んでいるだけで、隣との隔て(目隠し)は無いことが多いですよね。
ここの便所は、写真のようにしっかりとした厚みのあるコーナーになっていて、小便をしているととても落ち着きました。
隔てがあるケースは他でもあるのですが、形ばかりの小さなものが多く、寸法がちょうど良いことがあまり無いのです。
(写真の黒い格子は飾りなので無くても問題無いと思いますが、隣に対しての心理的な区分になっています。)
隔てはタイルで仕上てあり、幅も太いので見た目にもリッチな感じがしました。

以前、目黒雅叙園の不気味なほど豪華な便所をご紹介しましたが、何気ないこんな便所でも小さな工夫でとても快適になるのですね。

蛇足ですが、女性の設計者がデザインした男子便所はイマイチだ、と感じることが時々あります。
魅力の無い小便器を選んだり、小便器廻りのデザインが特に・・・。
当たり前なのですが、使わないしあまり見たことが無いからよく分からない、ということなのですね。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2011/07/26 13:42] | 建築 1 | page top
| ホーム |