fc2ブログ
MS邸 12
MS12
ガイア・アソシエイツで設計したMS邸新築工事の続きです。
ついに上棟まできました。
前回申し上げた通り、通常一日でここまでやります。
朝から始めて夕方頃にはこのような状況になります。
大工さんや鳶さんが活躍するのですが、現代ではクレーンも重要な役割を受け持っています。
木の部材は、プレカットといって専門の工場で事前に寸法や仕口を加工してくるので、現場では組み立てるだけです。
と言っても、その組み立てがけっこう大変な訳ですが。
設計事務所は何をするか、と言いますと・・・。
事前にプレカット屋さんの図面をチェックし、加工に間違いが無いようにしているのです。
当日も間違いが無いかどうか見ています。

何れにせよ、この日は一番工事の進む日で、建物の全体像が分かるとても楽しい日なのです。
東京では、上棟だからといって派手なことはあまりしないことが多いです。
今回は、建物の骨組が出来上がったところで、みんなで乾杯をして食事をしました。
みんなというのは、建築主、施工会社の担当者、職人さん達、そして私達設計事務所です。
食事は通常、できたばかりの建物の骨組の下で食べます。
最近は、上棟式だということで形式ばってやる建築主も多くないので、無理の無い範囲で職人さん達に誠意を見せる、ということで良いのではないかと思います。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2011/04/10 08:16] | MS邸(木造戸建住宅) | page top
| ホーム |