fc2ブログ
MO邸 BEFORE AFTER 4
MO4B

MO4B
MO邸改修の紹介の続きです。
写真は今回も上が改修前、下が改修後です。
若干違いますが、同方向を見た写真です。
今回は、玄関からLDK入口の解説です。

前回、玄関の柱の存在理由と床フローリングの色違いについて説明をしませんでしたが、実はこのようなことになっているのです。
玄関からLDKに続くアプローチの一部分のみ薄い色のフローリングになっています。
これは家の中に真直ぐに軸が通っていることを現しています。
柱が列柱のように両側に並び、その間のフローリングが薄い色で強調されている様子は、奥へ誘う路のようです。
そして、路は最後にはカウンターに変容していきます。
既存写真(上の写真)からどう変わったのか理解するのは難しいかもしれません。
これは、間仕切も変更しているためで、既存の柱を残すために、列柱案を考えました。

改修では、「しょうがなくてこうなった」というようなことが多々あるのですが、そのような負の遺産を「敢えてこうやった」というように転換させることが重要です。
そうでなければ、リフォームをしても言い訳だらけのデザインになってしまうからです。
今回は、不要な柱が残っても、それらに新たな意味付けをして空間を再生しました。

ところで、「リモデルスマイル作品コンテスト2009」の入選作品のサイトができています。
MO邸はこちらからどうぞ。

SS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2010/03/18 10:54] | MO邸(木造戸建住宅) | page top
| ホーム |