fc2ブログ
NOSTALGIA
NOSTALGIA.jpg
ギンザ・グラフィック・ギャラリーで「葛西薫展 NOSTALGIA」を見ました。

1949生まれのアートディレクター(グラフィックデザイナー?)です。
きっとこの人が仕事を始めたころはグラフィックデザイナーは花形で、脚光を浴びる職業だったと思います。
それが、だんだん仕事の単価が下がり、需要はあってもそれに見合う報酬をもらえない状況が生まれてきました。
大勢の才能あるデザイナーが苦しんだと思われます。
その中にあって、常に高い意識の仕事を続けてこられたことに敬意を表します。

さて、会場を一覧すると、写真あり、線画あり、ポスターあり、の様相です。
一見関係ないように見えますが、どれも手作業を通してのみ生まれてくるノスタルジアを大切にしています。
IMG_4724.jpg
この写真とその向かい側にある線画には共通点があります。
トレーラーのバックにある樹木の枝が、交錯するラインのように見え、向かい側の線画と呼応しています。
IMG_4725.jpg
このポピーも「ノスタルジア」を感じさせる雰囲気です。
ゆらゆら頭をゆらす満開の花。
このあと風に散ると、花芯を残して何もなくなる運命です。
IMG_4728.jpg
これは何でノスタルジアなのか???ですが、危ういテンションを感じさせます。
3本のナイフを交互に組んで、それを水をいれたコップの上に置き、さらに交錯する3本のナイフの上にまた水を入れたコップを置いています。
落ちそうで落ちない、こぼれそうでこぼれない。
作者の心象風景でしょうか。
IMG_4729.jpg
他にも、この人は本の装丁やブックデザイン、プロダクト製品のパッケージデザインも多く手掛けていて、地階ではそれらも見ることができます。
とらやの小さい羊羹のパッケージなど、そうか、これもこの人だったんだ!と見覚えのあるものに出会えます。
IMG_4730_20210928182218e82.jpg
SS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2021/10/05 10:00] | アート 3 | page top
遊びと企て
IMG_4703.jpg
銀座メゾンエルメスフォーラムでジュリオ・ル・パルクの日本での初個展「ル・パルクの色 遊びと企て」を見ました。
なんと御年92歳、現役のアーティストです。

今回は吹抜の上階が開放されていて、展示空間を見下ろす事ができました。
いつもこのエルメスの展覧会を見ると、これだけ空間的に変化があるギャラリーを活かしきれていない!!と不満が残っていました。
が、今回はうまく空間を使っている!!!
まず、外のグラフィック、これもガラスブロックの大きさやレイアウトを考慮して描かれています。
それを内側から見ても他の作品と呼応するように構成されています。
IMG_4708.jpg
吹抜上階にはキャット・ウォークのような通路があり、このように吹抜の端から端まで行けるのです。
これまでこのように上からも下からも見られて、なおかつその行為が作品鑑賞に違う視点を与えてくれる例があまりありませんでした。
IMG_4706.jpg
吹抜の下階に下りてきました。
大きな同心円の中央にある色はにじんで周囲にはみ出しているように見えますが、実はそうではなく、色彩の構成による目の錯覚を利用しています。
そうです、彼は錯視も研究しているのです。
IMG_4713.jpg
モビールも、一見何気ない正方形のプラスチックの板ですが、1列おきにわずかに色を変えて組まれており、それが作品の奥行き感を醸し出しています。
IMG_4715.jpg
こちらも錯視を意識して、作品の見せ方が工夫されています。
まず手前にステンレスの板がスリット上に置かれており、その後ろに赤い板があります。
さらにその後ろに例のガラスブロックに描かれた虹色の帯があり、それらの前を通ると、スリットから見えてくる風景が変化する仕組みです。
IMG_4714.jpg
これは何かというと、ステンレス製の板で作られたモビールなのですが、ゆるく風に揺られながら、周りの風景を映り込ませているのです。
置く場所によって、映り込む風景が変化するということでしょう。
IMG_4710.jpg
これはステンレスの薄い板で作られた動く彫刻?です。
真ん中の板だけ動くのですが、周りの板もそれに引っぱられて動く仕組みです。
じっと見ていると、うねうね動いていくのがわかります。
IMG_4719.jpg
これはCGをバックにこの人の好きなモチーフ、帯が配置されています。
見せ方で印象が随分変わるものです。
IMG_4712.jpg
これも実際の景色の中にCGで作成したモチーフが変化していく動画です。
この人工的な球や、得体の知れないオブジェが自然の中にあると、これもまた見たことのない風景が展開されていきます。
しかし意外に調和されているのですよね。
この変な風景が。
IMG_4718.jpg
形を単純化しても、色だけでこんなに変化を楽しめる!
無限に変化できる、その可能性を92歳の今も追求し続けているパルクさん、その表情はとても楽しそうでした。

そういえば、EVの中から見えるEVシャフトの内側に描いてある絵も、今回この人の作品になっていました。
こんなとこまでとことん帯を描くなんて、意外に茶目っ気のある人なのかも。

SS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2021/10/17 07:58] | アート 3 | page top
サイドバイサイドの作り方 1
IMG_4744.jpg
横浜で黄金町バザール2021を見てきました。

以前にも紹介(ココココココをクリック)しましたが、黄金町はアートによる町の再生に取り組んでいます。
京浜急行の黄金町駅と日ノ出町駅との間の元小規模売買春店舗群を芸術家のアトリエに改修し、電車の高架下には拠点となるアート施設を設けています。

秋になると一ヶ月間は「黄金町バザール」と題してアート・フェスティバルを開催しています。
基本的には、各々のアトリエの1階部分を開放して、自分の作品を展示する、というものです。
次の写真、右に並ぶのが小規模売買春店舗を改修したアトリエ、左が電車の高架。
閑散としているけれど、これでもフェスをやっているのかね?
IMG_4748.jpg
高架下には広めの展示ギャラリーもあります。
今回の展示は何となくイマイチ。
IMG_4780.jpg
高架下の空地は展示会場になっています。
これでも作品。
IMG_4753.jpg
街にある狭間に作品を押し込んでいるお方もいます。
IMG_4769.jpg
ここにも。
IMG_4779.jpg
この辺りを歩くと、古い建物と新しい建物がごった煮になっています。
ゲリラ的に古い建物が展示会場になっていたりもします。
そして、作品なのかタマタマなのか意味不明なものも点在しているのです。
勿論そういうのを見るのも面白いんですけどね。

今年はコロナ君のせいなのか、長年のルーチンのせいなのか、精彩を欠く雰囲気でした。
唯一会えた作家が言うには、今回は黄金町のアトリエで作品を制作している人が少なく、どこかで作って持ち込みにしているケースが多かったそうです。
何だかアトリエも空家が目立っているように感じました。

続く。

KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2021/10/28 16:36] | アート 3 | page top
サイドバイサイドの作り方 2
IMG_4745.jpg
横浜で見た黄金町バザール2021の続きです。

今回は、各々の狭いアトリエの作品を覘いてみましょう。

これはよくわからんのですが、ぱっと見、建築模型のようです。
設計を生業とする者から見ると、どうしてもそう見えてしまいます。
マッシブで重量感があるような形態がこうやって唐突に宙に浮かんでいると、変な感じですね。
宇宙空間にワープした建物?!
IMG_4749.jpg
こちらは(たぶん近所の)野毛動物園の動物たちでしょうか?
アトリエの外からも、2階のまどからキリンが見えます。
IMG_4751.jpg
この衝立の向こう側には、水盆があり、天井から1滴ずつ水が落ちてきます。
ぽちょん・・、ぽちょん・・・、ぽちょん・・・・。
落ちる水滴の波紋と音が、わずかな動きを作品に与えています。
よく見ると、左側の動物たちの上にもビニール天井があり、そこにも1滴ずつ水が落ちてきます。
IMG_4758.jpg
しかし、なんというか、もの悲しい眺めですな。
もうちょっと動物たちに活気があってもいいのでは?
単色で描かれた表現方法も、紙の薄さも、気持ちがこもっていない感じがします。
もっと気張らんかい!!

こちらはまあ、そういう点では気張ってるんでしょうなぁ。
こういう絵ってよくありますが、結局良し悪しというよりは、作品から感じるパワーや釘付けになるような魅力がすべてではないでしょうか。
いろいろな色が使われてはいるのですが、イマイチパワーを感じませんね。
のびのび描かれているっていうのとも違う、なんとなく中途半端な感じがしました。
IMG_4771.jpg
こちらは躁鬱に苦しむ作家が、自分の病気と闘うために、また同じ病気の人を元気づけるために描いているそうです。
描くことによって、病気が昇華されていくそうです。
でもそういうことを抜きに、作品だけを観賞しようとすると、別にどうってことない(失礼!)感じがします。
今後これがどのように発展していくのか、そこが正念場ですね。
IMG_4776.jpg
こちらはぐうたら犬です。
着ぐるみのこの犬の中に入った作者が、街中のいろいろなところに出没して、パフォーマンスを行ないます。
それをヴィデオに撮ってこのアトリエの各階で映し出しています。
わりとくたびれた感じのパフォーマンスが多くて、ホームレスが犬になったようです。
IMG_4781.jpg
今回の印象として、全般的に前回と比べてパワーダウンした感じがあります。
コロナのこういう時こそ、それを言い訳にしないでもうちょっと気合入れて欲しかったですね。
衰退している感が出ていて、ちょっと寂しいバザールでした。
これもザンネンだけど、バザールは今日まで。

続く。

SS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2021/10/31 08:04] | アート 3 | page top
サイドバイサイドの作り方 3
IMG_4765.jpg
横浜で見た黄金町バザール2021の最終回です。

バザールは終わってしまいましたが、特に面白かった作品に関して。
前回は2019年に行ったのですが、残念ながらその時に比べ質・量共に下回っていました。

そんな中で特筆すべきはこれ。
この人のアトリエは中が見えないんで通り過ぎるところでしたよ。
「入口」って書いてはあるけど、不気味ですよね。
IMG_4759.jpg
中に入ると壁3面に絵が掛けられており、その回りはグチャグチャ有機的に縁取りされていました。
なかなかに暑苦しい僕好みの描画です。
IMG_4763.jpg
暫くすると部屋が暗くなってショー(?)が始まりました。(だから中が見えないようになってたんですね。)
その暑苦しい絵に光が当たると、描いてあるものが動き出すのです。
絵は勿論動いていないのですが、その絵に動画を映写するとその相乗効果で活き活きとした映像が生まれます。
よく聞き取れない日本語台詞付の音楽も流れます。
残念ながら、両側の絵はプロジェクターからの距離が近すぎて動画を映写できなかったそうです。
IMG_4762.jpg
「でも、これってどこかで見たことあるぞ!」
思い起こすとヨコハマトリエンナーレ2017での記憶でした。(ココをクリック)
作家の人が壁の隙間から出てきたので聞いてみたら、やっぱり同じ作者だそうで、トリエンナーレの時の作品は美術館に売れたそうです。
善き事かな。

向かいの高架下の建物にも落書がありましたが、これも絶対同じ人ですね。
ノリに乗っているのでしょうか。
IMG_4768_20211028105457fc6.jpg
ところで、作家の人と色々話していたら「作品のキャラクターのお面も作ったよ」という事だったので、一緒に行った人が被ってみたら・・・
何かこれコワいですよ。
(因みにこれ、最初の写真の後ろ姿ね。)
IMG_4767.jpg
KS

このブログが気に入ったらクリックしてください!

[2021/11/03 09:05] | アート 3 | page top
| ホーム | 次のページ>>